無題note



くりすちーね

ふと、思ったんですよね

ドラえもん、あるじゃないですか
藤子・F・不二雄氏作の有名な漫画ですね

アレに出てくる、通称(本名なのか?)「ジャイ子」こと「クリスチーネ剛田」さんについてです
(関係無いけど、クリスチーヌだっけ、クリスティーヌだっけ、と疑問に思ったのでググってみたんですが、はてなによると「クリスチーネ剛田」が正解らしい

彼女は、何のために存在したのかな、と
いじめっこであるジャイアンの妹であり、悲しいかな容姿は兄貴にそっくり
少女漫画を描いていて、ペンネームは「クリスチーネ剛田」
ネタとしか思えない存在ですね

しかしですね、よく考えると彼女はカナリ女らしい(この場合少女らしいといったほうが良いのか)人物であるわけです
少女漫画を好み(作家ですからね)、少女らしく出木杉君に憧れを抱き、自分のために暴力を振るいそうになる兄を止め、きちんと自分の弱点(この場合容姿ですかね)を把握していたりしますね

さて、藤子・F・不二雄氏は「ジャイ子」を通して何を訴えたかったのか



これについて、かなり斜め上を行った解釈をしてみた

それは

「結局、女性は容姿が全てですよ」

という説

ジャイ子、彼女がしずかちゃん並みの容姿を持っていたとしたらどうでしょうか
多分、ネタにしかなっていない「クリスチーネ剛田」というペンネームも
ジャイアンの妹であるという事実も
きっと、彼女の少女らしい性格を飾る一つの事柄に過ぎなくなるのではないでしょうか
容姿がジャイアンそっくりというだけで、ネタとしか思えない存在になっているわけです
のび太も最初に将来はジャイ子と結婚すると聞かされたときは嘆いていましたね
自分のダメっぷりを棚に上げて
おそらく、ジャイ子はいい嫁さんになるのではないかと思われるが、容姿一つで全てをチャラ(どころかマイナスに)されているわけですね
それほど、女性にとって容姿とは重要なものである、という作者のメッセージが込められているのではないか、「ジャイ子」という存在に


このようなことを書きましたが、俺自身「結局、女性は容姿が全てですよ」と思っているわけではなく
ドラえもんという漫画は、このように斜め上を行った解釈をすると、作者の痛烈な皮肉に思える部分が多く、結構違う意味で面白かったりするんですね

ファンには怒られそうですがw
[PR]
by yosya_g | 2006-02-21 23:59 | 戯言
<< 「仮面山荘殺人事件」 1週間ぶりに >>

書きたくなったときに書きたいことを書くチラシの裏的な(ry
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
Link
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
college girl..
from college girls ..
free weight ..
from free weight lo..
final fantas..
from final fantasy ..
steven spiel..
from steven spielberg
steven spiel..
from steven spielberg
steven spiel..
from steven spielberg
steven spiel..
from steven spielberg
bad girls in..
from bad girls in t..
bad girls in..
from bad girls in t..
alpha lipoic..
from alpha lipoic a..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧